事故車の廃車で悩んだ事があるのでその経験をまとめてみました。

menu

事故車の買取査定まとめてみた( ˘ω˘ )

質問

先日、車をぶつけてしまい修理費を考えると廃車かもしくは売って新車を買おうと思っているのですが、事故してしまった車でも売ることってできますか?

売ることはもちろん可能ですが

「事故車の買取」というのは、以前では考えられないことでした。しかし、最近では事故を起こして動かなくなった車でも、値段がつくようになりました。壊れて動かない不動車、いわゆる「ダメージカー」や、水没車、火災車、過走行車などですね。

事故車の処分を考えている人によくある疑問などを以下にまとめておきますのでぜひ参考に御覧ください。

修理費と車の査定価格で売るかどうか考えるべし!

ミニチュアな自動車たち

修理費用が大きい場合、事故車買取りに出してそれを頭金に新車を考える事が多いと思います。せっかく直しても足回りの損傷は致命的になりかねません。

ただ今の車に愛着がある場合はお金がかかっても直すという人も多いです。わたしは頑張って直すことが多いのですが保険でもらえる金額が少ないと悩みますね~。

また事故以外で修理したとしても修復歴車と判断される場合もあります。

自動車公正取引協議会が定めた上9つのポイントに関して、交換もしくは修正したクルマを「修復歴車」と定義しています。 「修復歴車=事故車」と解釈している人も多いですが、いわゆる交通事故を起こしたクルマではなくても、この部位を交換、修正していれば修復歴車となりますし、逆にバンパーのこすりキズやドアのへこみを直しただけでは、修復歴車とはなりません。
引用:修復歴車と事故車は何が違うか?

査定価格ってどうやって調べるの?

査定額がまったく想像できないという方に、簡易査定シミュレーターを作成してみました。実際は事故車という事もありこの結果よりは安くなります。

1.車両本体価格を入力

万円

2.年式を選択

3.走行距離を選択

簡易査定価格は 万円です  

査定だけでも、もちろんOK!今すぐ32秒の簡単入力

>>すぐに概算価格もわかる無料査定はこちら
カーチス カーセブン アップル ラビット ビッグモーター cow-cow ユーポス ハナテン8710 Cboy ソッキン王 くるなび ファイヤーボールズ

「廃車」にするつもりの車なら自分でやる手間とお金を考えるとこういった業者に任せたほうが楽です。全てあちらが手続きをやってくれますので。

自分で廃車手続きをする場合はただ単に業者にスクラップしてもらうだけじゃなく、陸運支局へいって申請書類の提出をしたりとかなり面倒な作業になると思います。

廃車にするだけでも手間とお金はかかります

廃車に必ずかかる費用は次の3つ。

  • 1.自動車リサイクル料
  • 2.解体費用
  • 3.抹消登録費用

「リサイクル料+解体費用+抹消登録費用」が廃車にかかる全ての費用です。「自動車リサイクル法」があるために自動車メーカー・輸入業者に、『シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類』の引取・リサイクルを義務づけています。

その処理費用は、リサイクル料金として、クルマの所有者が負担することになっています。これは法律で決められていることですので、自分で処理する場合も、業者で処理してもらう場合も必ず発生する費用です。

おおよその相場は以下の通りです。

車種 リサイクル料金(※概算の相場価格です)
国産軽自動車 8,000円
国産自動車 10,000円
外国車 15,000円
大型車 20,000円

自分で廃車手続きをする場合はこのリサイクル料金にスクラップしてもらうためにプラス1万円程度かかると思っておいておきましょう。

参考:廃車の手続き方法

買取り業者は事故車をどうするの?

事故車を買い取ってくれる業者があるのは分かっても、そんな車を引き取って利益だせるの?って思うかもしれませんが、大体次の4パターンで処理する業者が多いようです。

買取業者の交渉の様子

その1.修理して売れるものはオークションへ

車の年式が新しく、修復して売る方が利益になるなら、フレーム修正機にかけて部品を板金塗装や交換してオートオークションに流して売るパターン。

その2.事故現状車としてそのままオークションへ

修理が手間だったり自分のところでは修理しても利益がでない場合は事故原状車としてオートオークションに流して売る。

その3.専門の解体屋へ売る

古い車で修復しても売れない場合のもう一つの方法として、修復せずに業者間取引の専門の解体屋や廃車引き取り業者へ売る。

その4.部品をバラして売る

解体部品販売業者が買取った場合は、外装パーツ、例えばボンネット、トランクフード、ドアなど。使えるものは全てばらして鉄などの金属のリサイクルできるもので儲けが出ます。

車の買取りが近年活発になっている背景

これは、日本車中古パーツの流通経路が以前に比べかなり整備されてきたことと、国内では不要とされるものでも海外での日本製中古車の流通拡大に伴い、そのパーツの需要が増えてきたことが原因です。

参考:なぜ、壊れた車に高い値段が付くのか?について書かれています。

つまり、事故車でたとえ動かなくなってしまっても、まだその車に値段が付く可能性は十分にあるという事です。事故車だからと諦めてガッカリせずに一度査定業者に査定してもらう事をオススメします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加